イメージ画像

フォーマット確認のエラーメッセージ

ウィンドウズXP以前では「ドライブ○のディスクはフォーマットされていません。 今すぐフォーマットしますか?」とエラーメッセージが表示される場合があります。


このドライブ○はCやDなどのドライブレター名のアルファベットが○に入るため、使用者の環境によって変わってきます。
尚、Vista以降では「フォーマットする必要があります」というエラーメッセージになります。


このような突然に「ドライブ○のディスクはフォーマットされていません。 今すぐフォーマットしますか?→「はいyes」or「いいえno」」のどちらかを選択する必要性に迫られるのですが、通常は「いいえ」を選ばなければいけません。

この「フォーマット【format】」とはディスクの区画整理をしたり番地を付けたりするデータを保存する土台の取り決めをする作業のことを指します。
ハードディスク等の記憶する領域をいくつかに分割し「あの区画」にはあのデーターを「この区画」には此のデーターを保存したかを整理するための場所を用意することで区画をパーテーション呼び、その区画内の土台の取り決めがフォーマットです。一連のこの作業のことを「初期化」と呼びます。


ハードディスクをいくつかの例えば「C」「D」「E」「F」などの複数に分割することを「パーティション【partition】」を作成する、またはパーテーションを切るともいいます。

ハードデスクにはMBR(マスターブートレコード)と呼ばれる「ブートセクタ」があり、「パーティション」には「PBR(パーティションブートレコード)」という「ブートセクタ」が置かれています。

電源を入れて、パソコンがスタートすると真っ先にハードデスクのMBR(マスターブートレコード)ブートセクタ」を読んでOSを起動します。
ユーザーが「パーティションD」にあるファイルを開こうとしますとパソコンは「Dドライブの「PBR(パーティションブートレコード)のブートセクタ」を読み込んで「パーティションD」を開きます。


ところがドライブ○のディスクを開こうとしたときドライブ○の「PBR(パーティションブートレコード)のブートセクタ」が何らかの原因で読み取れなくなっていますと「D」ドライブは「フォーマット」されていないとパソコンは判断します。そのため「ドライブ○のディスクはフォーマットされていません。 今すぐフォーマットしますか?」とユーザーに確認してくるわけです。

「フォーマットされていません」とか、「今すぐフォーマットしますか」という単純な意味はパーティションブートレコードやブートセクターに何らかのエラーが発生し、その箇所が読み込めなくなってしまっていること意味します。

フォーマット形式だけが読み取れなくなっているケースや、パーテーション毎消失しているケース、または劣化により、そもそもアクセスできない状況になっていることが一般的です。

但し、データそのものはハードディスク上に残っているケースも多く、慌ててフォーマットなどをしなければ、データの復旧率も高い特徴があります。


一方で、「フォーマット」してしまった場合、保存されていた「データ」はパソコンのOS側からは見えなくなってしまい、全て消滅してしまったように表示されます。そのため通常は必ず「いいえ」をクリックし、フォーマットしますか、とかフォーマットされていませんと警告表示がされても、慌てて『はい』を選択しないように気をつけましょう。

最新情報

フォーマット形式(ファイルシステム)の種類

ハードディスクのフォーマット形式(ファイルシステム)にはOS毎、また仕様毎に幾つかの種類があります。Windous系のOSが入っているハードディスクの場合は主にFAT32かNTFSとなります

FAT(File Allocation Tables)FAT16、FAT32

Windows 3.1やWindows 95OSのフォーマット形式(ファイルシステム)は「FAT16」が使われています。 
尚、それ以降のWindows 95 OSR 2.0以降やWindows 98/Meのフォーマット形式は「FAT32」が使われています。
このFAT16はハードディスクを2の16乗(=65536)個 の単位に分割管理するが2GB以下の領域に限られます。
従って2GBを超えるハードディスクを使うときにはハードディスクを複数のパーティションに分割しないと認識されま せん。 
FAT32はハードディスクを2の32乗(=約42億)の単位に分割し2TBの領域まで管理できます。
 FAT16でも管理出来る2GB以下のハードディスクでも FAT32を使えば無駄領域が減少し有効に使うことが出来ます。

NTFS

Windows NT/2000/XP/VISTA/7/8などのフォーマット形式(ファイルシステム)は「NTFS」が使われています。
NTFSは複数ユーザがアクセスできるように、各アカウント別にアクセス権が設定できます。
更に大きな特徴としてジャーナリングファイルシステム(journaling file system】機能が新たに付加されています、
この機能はハードディスクにデーターを打ち込みながらそのデーターを記録します、
このため万が一突然の瞬時停電等があっても データーが消滅することがありませんし、
仮にシステムが故障しファイルが 破壊されてもこの記録から短時間で再現修復することが出来る優れものです。
またWindows 2000以降に使われているNTFSはファイルシステムの段階で暗号化することも出来るようになっています。

exFAT

MacOSとWindowsPCの両方がある環境下では今日現在exFATが便利です。 OSが混在する環境下ではファイルシステムの違いでデータの読み込みが出来たり出来なかったりするからです。 これまではUSB外付けHDDなどでは主にFAT32が利用されてきましたが、 FAT32の場合、4GB超えるデータの保存が出来ないため、動画データなどの4GB超えるデータのやり取りは直接出来ませんでした。 その点、exFATでフォーマットされたファイルシステムなら、MACOSとウィンドウズPCの混在した環境下でも直接データのやり取りが可能です。但し、Windows Vista SP1 で初めて導入されたため、Windows XP と Windows Server 2003 は更新プログラムをインストールする必要があります。またMac OSの場合、X版10.6.6以上である必要があります。 Windows 2000やWindows Meはもちろん、Windows 98/98SE、95はこのexFATを利用できません。Macも同様にX版10.6.6未満では利用不可です。

その他

最近のWindowsOSの内蔵ディスクのフォーマット形式は全てNTFSになっています、
またNTFSはデジカメ等パソコン以外の機器は NTFSに対応していません。
デジカメやSDカードなどはFAT16が使われています。
尚、外付のUSB接続タイプのハードディスク等は主にFAT32フォーマットとなっています。
但し、ネットワーク型のNASタイプのバッファロー製のリンクステーションはリナックス形式で採用されている「ext2」のフォーマット形式(ファイルシ ステム)は使われています。

ファイルシステムと互換性

OSFAT16FAT32NTFSexFAT
Windows 10-
Windows 8-
Windows 7-
Windows Vista SP1-
Windows Vista
Windows XP△ ※
Windows 2000×
Windows Me××
Windows 98/98SE××
Mac OS X版10.6.6以上××
Mac OS X版10.6.6未満×××

※ exFATはWindows Vista SP1で初めて導入されたため、Windows XP と Windows Server 2003で使用する場合は更新プログラムをインストールする必要があります。またMacではOS X版10.6.6以上か未満かで利用できるかどうかが決まります。

フォーマット形式毎のメリットとデメリット

ファイルシステム メリットとデメリット 詳細
FAT16 メリット Windows 95や、Windows NT、Windows 3.1、DOSなどの古いOSで使用できる。USBメモリーやSDカードなどでも使用されていたファイルシステム。
デメリット 古いファイルシステムのため、最大2047MBまでといった容量制限がある。
FAT32 メリット 最大2TBまで利用可能なUSB外付けHDDなどで利用されてきた。1ファイルが4GBを越えなければMacでも、ウィンドウズでも両方のOS間でやり取りが可能。
デメリット 1ファイルの最大使用可能な容量は4GBまでとなっている。Windows 2000、Windows XP、Windows Vistaの場合、特殊なツールを使用しないとFAT32としてはフォーマットできません。
NTFS メリット 1ファイルが4GB以上でも保存できる。(容量制限はありません。)ウィンドウズPCでは一番、一般的なファイルシステム。
デメリット Windows Me/ 98SE/ 98/ 95などの古いOSでは使用できない。もちろん、Macでも使用不可。
exFAT メリット 1ファイルが4GB以上でも保存できる。また、Macでも、OS X版10.6.6以上であれば、認識可能。
デメリット 古いOSでは、認識不可。Windows 10/ 8.1/ 8/ 7、Windows Vista SP1であれば標準実装。Windows XP SP2/SP3は更新プログラムを適用した場合のみ対応。内蔵ハードディスクには適用できない。

最新情報

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ